美肌が得られる

美容皮膚科クリニックの今後

美容皮膚科というのは最近よく見聞きするようになった言葉です。美容皮膚科と美容外科の違いですが、具体的な線引きはなく、美容整形をしている病院なら美容皮膚科と同じような治療が受けられます。 美容皮膚科はメスを使わない美容整形であるというのが特徴です。注入法や肌再生医療、点滴療法、レーザーや高周波、光治療などが主なメニューとなっています。 そうしたメス不要の整形が増えたことにより、病院というよりもエステティックサロンのような感覚で利用している人が多くなっているようです。実際「メディカルエステ」という美容皮膚科とエステサロンが融合した施設も誕生しています。今後も技術が進み、美容整形の垣根がどんどん低くなっていくと思います。

利用時に注意することとは

美容皮膚科クリニックは簡単な治療で若返りや皮膚の悩みを改善できる便利なところです。しかし、安くて手軽な反面、治療の効果が続かないというデメリットがあります。例えばヒアルロン酸注入法にしても一度あたりの効果はもって2年くらいです。2年すれば元の顔に戻ってしまうのです。ずっと同じような効果を継続して得る場合は定期的に治療を続けなければならず、生涯コストが高くつく結果になります。 また、激安な治療費を掲げているクリニックほど、あまり品質のいいヒアルロン酸を使用していないので、治療をして数カ月すれば元に戻る可能性があります。料金の安さよりも、効果の持続性のほうに着目してクリニックを選ぶことをお勧めします。